私のホームページ

 私の作ったホームページは、XCL(XOOPS Cube Legacy)というCMSツールを使っています。

 XOOPS(ズープスと読みます)って馴染みのない人には、何のことかさっぱりですよね(^^;
 ホームページ制作に携わったことがある方なら、一度くらいは聞いたことがあるかもしれません。

 少し説明しますね。
 XOOPSは、CMSに分類されるソフトウェアです。
 CMSとは、Contents Management System の略で、コンテンツを管理する為のものです。
 XOOPS自体は、PHPとMySQLから構成されています。

 普通、webサイト(ホームページ)を作成する場合、1ページ、1ページ、HTMLで作成しなければなりません。
 (ホームページビルダーやDreamweaver等のホームページ作成ソフトを使っても同じです。)
 ページ数が少なければ、HTMLファイルだけでも十分ですが、ページ数が多くなったり、掲示板やお問い合わせのフォーム等のCGIを導入したりすると、管理が大変になります。

 1,2ページ追加するために、既存のページ(リンク先の変更やトップページのお知らせ、サイトマップ等)も編集し、FTPでアップロードしなければなりません。
 作業量は、追加するページ分では済まなくなります。
 気軽にホームページを更新するという訳にはいかなくなり、大変になってきます。

 XOOPSを使えば、これらの作業を軽減することができます。
 XOOPSは、主にコア(本体)部分とモジュール群、テーマがあります。
 モジュールには、静的コンテンツ作成(pico)、ブログ、フォーラム(BBSのようなもの)、新着情報(ニュース)、カレンダー表示などがあります。
 ご自分で必要なモジュールを組み合わせてwebサイトを構築します。

 一度構築してしまえば、後は各モジュール管理を使い、掲載内容(コンテンツ)を作成すれば良いだけになります。
 つまりは、掲載内容だけに専念することができます。
 組み込むモジュールにもよりますけど、一般のブログ(アメブロやヤプログなど)とほぼ同じようなイメージで、デザイン変更や文章掲載などが意外と手軽にできます。

 導入初期は、テーマ(ホームページ全般のデザイン)や各種モジュールのインストール、テンプレート(モジュール単位のデザイン)の編集など大変ですけど、一度構築してしまえば、XOOPSはけっこう使いやすいです。

 ちなみに、私のホームページは、何処をどう直したのかもわからないくらい、いろいろと編集しまくっています(笑)
 ( 段々記憶が・・・早めに修正手順をまとめないと(^^; )

 今後は、XOOPSを使ってポータルサイトやSNSなども手掛けてみたいと考えています。
 どんなwebサイトができるかはお楽しみに(^^